わき毛を処理するのは、抜くと剃るどっちが正解?

わき毛 抜く

夏になるとどうしても気になるわき毛の処理。
これを怠ると、見た目が悪いだけでなく、臭いの原因にもなってしまいます!

 

汗をかく季節になったら、必ずわき毛は処理しておきましょう。
例え半そでを着て隠す場合でも、です。

 

毛を処理する場合、剃るか抜くかで迷われると思います。
剃って処理するのはとても簡単だけど、すぐに生えてきてしまって黒いブツブツわきになってしまうというところがとても気になります。

 

抜いて処理する場合、時間はかかるけれど剃るより長い間処理しなくていい分、一度やってしまえばラク・・・と思っていませんか?

 

自分で脇毛は抜かないで

 

実は、わき毛は絶対に自分で抜かない方がいいといわれています。
これは毛抜きを使っても、電動の毛抜きを使っても同じです。
「毛を抜く」という行為が良くないんだそうです。

 

というのも、わき毛は他の毛よりも太いので、抜いた後の赤いぷつぷつがとても目立ちやすいんです。

 

なので、自宅で処理をする場合は、面倒でもカミソリで処理をするようにしましょう。
カミソリで処理をすると、すぐに生えてきてしまうので、ほぼ毎日処理する必要があります。

 

また、夜剃っても朝になったらすでにうっすら生えてきている可能性もあります。
朝出かける前にワキをしっかりチェックして、毛が目立っていたら剃るようにしましょう。

 

キレイなわきでいたいなら、アフターケアをしっかりするか脱毛サロンに通うかしよう

しかし、このように毎日カミソリで毛を処理していると、肌が荒れてきてしまう可能性があります。
自分では「毛だけ」剃っているつもりでも、実際には表面の角質まで削り取ってしまっていますから、荒れてしまうのも仕方ありません。

 

剃った跡はきちんと消毒するようにするなど、ケアを怠らないようにしましょう。

 

こうしたケアが面倒だという人は、とにかく早めに脱毛サロンに通い始めた方がいいでしょう。

 

最近の脱毛サロンは、「脱毛」と言いながら、毛を抜くことはほとんどありません。
特殊な光を毛に当てることによって、毛が再生できないようにしていくのです。

 

脱毛サロンでの脱毛は一度の施術でこうなるわけではなく、何回も何回も施術を繰り返してこうなります。すぐに効果が得られるわけではないのです。

 

毛がどんどん薄く短くなっていき、最終的には生えなくなるといった過程を経ることとなります。

 

なので、早めに通い始めた方が、早く毛のない状態をエンジョイできるようになるのです。
一度脱毛が終了すると、毛の処理をしなくていいのでお肌を荒れから守ることもできます。

 

ワキ毛を抜くとどうなる?埋没毛にならないための部位別脱毛Tips トップへ