よく見たら結構生えてる!?おなかの毛はカミソリセルフ処理でOK?

おなかの毛 抜く

普段は見せることのないおなかの毛。
だけど、水着になる時、彼氏ができた時・・・急に気になり始める部分です。

 

おなかの毛といえば男性のイメージがありますが、女性でもおなかの毛で悩んでいる人は結構いるようです。

 

妊娠しておなかの毛が濃くなる人もいるようですが、妊娠中は決して抜いたり剃ったりといった処理をしないようにしてください。

 

毛を処理するということは、あなたが想像している以上に体に負担をかけることになります。
妊娠を期に濃くなった毛は、出産すると元通りの濃さに戻ることが多いようなので、そこまで気にすることはありません。

 

おなかは普段露出しない部分なので、肌がとてもデリケートです。
なので、とにかく負担が少ない処理をしましょう。

 

毛抜きで抜くのは1番避けたい処理の仕方です。
毛穴が赤く残ってしまうだけでなく、のちのち埋没毛が出てきてしまうことがあります。

 

セルフ処理の中ではカミソリが最も安全なのではないでしょうか。

 

自分でおなかの毛は抜かないで

 

 

おなかの毛処理後はアフターケアが大変?早めに脱毛サロンで処理しよう

しかし、カミソリは無駄毛と一緒に皮膚の表面も削り落としています。
目に見えないほど薄くではありますが、デリケートなおなかの皮膚はそれだけでも荒れて赤くなってしまうことがあります。

 

特にボトムのウエスト部分が当たる位置の毛を剃ってしまった時は、ボトムのウエストと皮膚がこすれて痛痒くなることもあるようです。

 

せっかく見せるために処理をしたのに、こうなってしまっては意味がありませんね。

 

もし痒くなっても、絶対に掻き毟ったりしないようにしましょう。
痒み止めのクリームを持ち歩いて、痒くなったらトイレでこっそりクリームを塗るようにして、とにかく荒れないようにすることは大切です。

 

こうした肌トラブルを避けるためにも、おなかの毛が気になる人は早めに脱毛サロンで処理することをおすすめします。

 

脱毛サロンで処理してもらえば、アフターケアもしてくれますので、このような肌トラブルを避けることができます。

 

また、1クールの施術(2ヶ月に1度の施術を1年間ぐらい)を終えると、個人差はありますが、毛がほとんど生えてこなくなります。

 

それ以降は毛の処理をする必要がなくなりますので、無駄毛処理による肌トラブルが激減することになります。

 

脱毛サロンでの脱毛は少し高いように感じるかもしれませんが、これから無駄毛処理にかけるお金や時間、スキンケア代を先行投資したと考えれば、それほど高い値段ではないように感じられます。

 

ワキ毛を抜くとどうなる?埋没毛にならないための部位別脱毛Tips トップへ