ワキ毛は抜くな!無駄毛はしっかり処理するべし

近年、「女子力アップ!」という言葉が叫ばれていますが、あなたの女子力、どうですか?

 

トレンドをしっかり取り入れたファッションにしっかりメイク。ネイルはいつもキラキラで女子力は100点!

 

・・・と思っているあなた。
よーく自分の体を見回してみてください。

 

無駄毛処理はカンペキにできていますか?

 

わきやすね毛などの目立つ部分はちゃんと処理できていても、「どうせこんなとこ見られないでしょ」と思ってしまう部分の無駄毛処理がおろそかになっている女子はすごく多いです。

 

例えば、背中。
普段は隠している部分ですが、最近は襟ぐりが広めで背中が少しだけ見えるデザインの洋服もとっても多いですね。

 

こうした洋服を着る時、ちゃんと背中の毛を処理していますか?

 

「そんなとこ見られないでしょ!」と思っているかもしれません。
しかし、意外と見られています。「普段は見えないところ」。

 

普段は見えないところほど、見えた瞬間にその人の本質が垣間見えるような気がして、日とはそこをしっかりとチェックしてしまうんです。

 

こうした細かな部分への気遣いが、その人の丁寧さや細やかさといった部分の評価に繋がります。

 

決して気を抜かないで、できる限り全ての無駄毛を処理する。これこそ女子力100点満点の女子です。

 

毛抜きで抜いていいのは眉毛だけ

無駄毛の処理をするとなると、抜くか剃るか、この2択で悩まされることになるでしょう。

 

面積の狭い部分であれば抜いて、広い部分であれば剃る・・・という処理をしている人が多いのではないでしょうか。

 

剃って無駄毛を処理するのはとても手軽で簡単です。しかし、表面に出ている毛だけを剃っているので、すぐに生えた毛が表に出てきてしまうというデメリットがあります。

 

じゃあ抜く方がいいの?と思われた人、多いかもしれません。
しかし、肝に銘じておいてください。毛抜きで抜いていい毛は眉毛だけだと。

 

眉毛以外の毛を毛抜きで抜いてしまうと、ほとんどの確率で『埋没毛』という減少が起こります。

 

埋没毛とは、薄皮の下に毛が生えてしまっている状態です。
髪の毛で実験してもらえればわかりやすいと思いますが、毛を思いっきりぎゅーっと引っ張ると、伸びます。そして放すと、ちぢれたようになってしまっています。

 

無駄毛でも、この現象が起こっているのです。
一見、毛抜きで抜いた毛は根こそぎそこからなくなっているように見えますが、短い短いちぢれ毛が毛穴の奥に残っています。

 

そのため、新しく生えてくる毛の毛先がちぢれた状態のまま生えてきてしまい、本来の方向ではない方向に伸びていき、薄皮の下に入り込んでしまうんだそうです。

 

眉毛は太くちぢれにくい上に皮膚も固いのでこのような現象はほとんど起きません。

 

埋没毛で困ったら、脱毛サロンか皮膚科に相談

埋没毛になってしまってから慌てる女子は毎年のように現れます。
せっかくキレイになろうと無駄毛の処理をしたのに埋没毛になってしまうと、すごくショックですよね。

 

埋没毛になってしまうと、毛抜きの先や針などを使って毛を取り出すしかその状態を脱する方法はありません。
薄皮1枚だけがキレイにはがれてくれたらまだマシですが、うっかり深く傷をつけてしまうということもあります。

 

傷は傷跡となり、なかなか消えません。
キレイになるための無駄毛処理でこんなことになってしまったら、もうトラウマものですよね。

 

あまりにも埋没毛が多くて自分で処理しきれない場合、皮膚科や脱毛サロンに相談するという手もあります。

 

皮膚科であれば、埋没毛の対処の仕方やアフターケアの薬等を出してくれるでしょう。一体、最悪の状況から脱することができます。

 

脱毛サロンに相談すれば、その後の毛の処理の相談もすることができます。
もちろん皮膚科よりもお金はかかってしまうかもしれませんが、今後の美肌のことを考えればある程度自己投資は必要なのではないでしょうか。

 

脱毛は若いうちにやればやるほど、「毛に悩まされることなく過ごす時間が延びる」ことに繋がります。

 

家庭用光脱毛器VS脱毛サロン。どっちを選ぶべき?

最近では、家庭用の光脱毛器がそこそこの値段で販売されています。
格安!とまではいきませんが、少しがんばれば手が届く程度の値段のものが増えてきています。

 

今の脱毛サロンの施術の主流は光脱毛・・・ともなれば、自分で光脱毛器を購入して、自分で処理をした方がお得!?と思う人は多いでしょう。

 

しかし、脱毛サロンで使っている光脱毛の機械と、家庭用の光脱毛の機械は光の出力量が違います。
家庭用の物は、素人が使っても安全な作りになっているんです。

 

脱毛サロンの光脱毛器は、扱いに資格は必要ありませんが、それなりに熟練したテクニックが必要になります。

 

なので、家庭用脱毛器では満足のいく結果が得られなかった・・・という人は、結構多いんです。

 

また、光脱毛器は1回で処理できる面積に限界があります。
かなり範囲が狭いので、全身を処理するためにはかなりの根気と時間を要します。

 

自分の手で届かないところは誰かに頼まなければいけません。そして誰かに頼んだ結果、ケガをすることになっても、誰も責任を取ってくれません。

 

結局脱毛すること自体がめんどくさくなり、機械がお蔵入りになるという人も少なくありません。

 

こうしたさまざまな観点から考えて、やはり脱毛は脱毛サロンでプロの手に任せるのが1番です。
それなりの自己投資額が必要になってしまいますが、きっと満足のいく結果を得ることができるでしょう。